こんにちは。

フラップヘアーの濱田です。

今朝は早朝から、セットのお客様と卒園する我が子の保育園の先生方のお支度や、同級生達のお支度をさせてもらって、そのまま卒園式に参列して来ました。

so1
so2
so3
我が子は、産まれて4ヶ月からお世話になっている保育園での生活も、振り返ればあっという間。

お支度をさせていただいている間も、先生方は今日は必ず泣くと宣言通り、終止涙を流す担任の先生達。

式が始まり、担任の先生が一人一人の思い出を語り名前を読み上げる時に、感極まって涙を流しながら読み上げると、父兄のお母さん達が、頬にハンカチを当て始め、感涙に会場が染まりました。

so4そんな大人とは裏腹に、終始明るい子供達。

精一杯歌を歌ったり、保育園での思い出を月ごとに分担し、きちんと暗記して上手に言う姿に、子の成長を実感。

一旦緩んだ涙腺は、なかなか締めるのは難しく、PTA会長の裕子さんが、祝辞を述べる際、感涙にむせぶたびに、ファインダーをのぞく窓が、涙で曇って大変でした。

so5こうして子供達も、徐々に大きくなって行くんですね。

so6こんな彼らも、いつまでも仲良しで居てもらいたいですね。

保育園でお世話になった皆様方、ありがとうございました。

我が子の事で恐縮ですが、未来有る彼らに、エールを送りたいと思います。

皆さん、卒業おめでとう!

元気でいてくれて、ありがとう!